MS -Achievements-

学会発表 (Conference Presentation)

Project Management

  • 小槻峻司: 気象制御に向けた制御容易性・被害低減効果の定量化研究, 防災学術連携体・特別シンポジウム「自然災害を取り巻く環境の変化」, October 22, 2022. (October 22, オンライン, Oral)
  • 小槻峻司: A World Beyond Predictions:気象制御実現への挑戦, 千葉大学・リコー包括連携講演会, October 5, 2022. (October 5, オンライン, Oral, invited)
  • 小槻峻司: タイトル未定, 未解決問題WS, September 23-25, 2022. (September X, オンライン, Oral)
  • 小槻峻司, Ouyang Mao, 岡崎淳史, 徳田慶太, 小林亮太, 小蔵正輝, 薄良彦, 井元佑介, 山田進二: 気象制御の実現に向けた制御容易性・被害低減効果の定量化に関する初期検討, 水文・水資源学会/日本水文科学会 2022年度研究発表会, September 4-7, 2022. (September 5, 京都大学宇治おうばくプラザ, Oral)
  • 山田 進二, 稲村 友彦, 佐藤 亮吾, 齊藤 龍, 井上 孝一, 風間 啓: 気象制御のための制御容易性・被害低減効果の定量化 開発課題3:経済被害低減効果の推定, ムーンショット目標8キックオフシンポジウム, June 16, 2022. (June 16, 東京/オンライン, Poster)
  • 岡崎淳史: 気象制御のための制御容易性・被害低減効果の定量化 開発課題2:大アンサンブル・データ同化実験, ムーンショット目標8キックオフシンポジウム, June 16, 2022. (June 16, 東京/オンライン, Poster)
  • 小槻峻司: 気象制御のための制御容易性・被害低減効果の定量化, ムーンショット目標8キックオフシンポジウム, June 16, 2022. (June 16, 東京/オンライン, Oral)

Scientific Achievements

  • Ouyang, M., Tokuda, K., and Kotsuki, S.: Understanding control system experiment with covariant Lyapunov, singular, and bred vectors in Lorenz’s three variable model, AMS Annual Meeting, January 8-12, 2023. (January X, 2023, , Oral)
  • Kotsuki, S. and Ouyang, M.: Optimizing mobile observing placements for numerical weather prediction: Idealized experiments with a simplified AGCM, AOGS 2022, August 1-5, 2022. (August 3, Online, Oral, invited)

    論文 (Publications)