HPC

High Performance Computing (HPC, as of Aug. 2021)

計算機の名前と想い

  1. nozomi (東海道新幹線・のぞみ、より):  2019年度導入
    研究室初号機、CPUマシン。これから発展していく、研究室への希望を込める。
  2. sakura (九州新幹線・さくら、より): 2019年度導入
    ストレージマシン。錦江湾に浮かぶ桜島の様にどっしりと、研究室の土台を支えて欲しい。
  3. tsubasa (山形新幹線・つばさ、より): 2020年度導入
    気象モデル計算(CPU)や機械学習(GPU)の併用機。研究発展の翼となるはず。
  4. yababiko (東北新幹線・やまびこ、より): 2020年度導入
    機械学習GPUマシン。多コアGPUによる並列的な計算処理のイメージより。実際、ファンの音がやまびこ。
  5. nasuno (東北新幹線・なすの、より): 2020年度導入
    新しいソフトウェアなどのテスト用サーバー。
  6. azuma (英国新幹線・Azuma、より): 2020年度導入
    tsubasaと同じアーキテクチャ。力学モデル計算に用いる。
  7. mizuho (九州新幹線・みずほ、より): 2020年度導入
    大容量なストレージマシンで、研究データの冗長性を高める。
  8. hikari (東海道新幹線・ひかり、より): 2020年度導入
    480 Coreを超えるクラスタ・マシン。気象・データ同化研究を行う。アツい。
  9. izumo (寝台列車・いずも、より): 2020年度導入
    ストレージをSSDで構成する。IOがボトルネックとなる水文データ同化の加速へ。
  10. kagayaki (北陸新幹線・かがやき、より): 2021年度導入
    高性能なGPU, A100を4枚搭載した深層学習特化マシン。アツい。
PAGE TOP