HPC

High Performance Computing (HPC)

 

(1) nozomi

CPU 2 x Intel(R) Xeon(R) Gold 6238 CPU @ 2.10GHz (22 Cores & 44 Threads / CPU)
RAM 256GB (32 GB x 4 channels x 2CPU)
Storage 132TB (12TB x 11 disks +1 hot spare; RAID6)

(2) sakura

CPU 2 x Intel Xeon Silver 4110 8C @2.1GHz (8 Cores & 16 Threads / CPU)
RAM 128GB (32GB x 2 channels x 2CPU)
Storage 240TB (12TB x 20 disks + 1 hot spare;  RAID6)

(3) tsubasa

CPU 2 x AMD EPYC ROME 7452 (24 Cores & 48 Threads / CPU)
GPU 2 x RTX 2080 ti 11GB
RAM 128GB ECC 3200MHz (8GB x 16 channel/CPU)
Storage 1TB HDD

(4) yamabiko

CPU 1 x AMD Ryzen threadripper 3970X (32 Cores & 64 Threads)
GPU 2 x RTX 2080 ti 11GB
RAM 32GB 3200MHz 4 channel (16GB x 2)
Storage NVMe SSD 1TB

(4) nasuno

CPU 1 x AMD Ryzen 5 3600 (6 Cores & 12 Threads)
GPU 1 x RTX2060 Super 8GB
RAM 16GB (8GB x 2)
Storage SSD 500 GB

計算機の名前と想い

  1. nozomi (東海道新幹線・のぞみ、より):  2019年度導入
    研究室初号機、CPUマシン。これから発展していく、研究室への希望が込められています。
  2. sakura (九州新幹線・さくら、より): 2019年度導入
    ストレージマシン。錦江湾に浮かぶ桜島の様にどっしりと、研究室の土台を支えて欲しいと思います。
  3. tsubasa (山形新幹線・つばさ、より): 2020年度導入
    気象モデル計算や(並列計算CPU)、機械学習(GPU)を想定。学生/スタッフの翼となり、研究推進をサポートしてくれるに違いない。
  4. yababiko (東北新幹線・やまびこ、より): 2020年度導入
    機械学習GPUマシン。多コアGPUによる並列的な計算処理のイメージより。実際、ファンの音がやまびこ。
  5. nasuno (東北新幹線・なすの、より): 2020年度導入
    新しいソフトウェアなどのテスト用サーバー。
PAGE TOP