機械学習用にRTX 2060 superのGPUマシンを導入して整備した

サーバとかそういうインフラ整備してます大石です。GPU買ったので紹介します。

GPU買ったよー

買った玄人志向のRTX 2060 super

機械学習とかのためにRTX 2060 superを買いました。空いているLinuxマシンにいれて、DockerからGPUを使えるように設定しました。GPUの性能的には、ミドルハイくらいの性能で、ノードの電源容量にあまり余裕がなかったのと、VRAMが8GBメモリの中で安かったからこのGPUにしました。既存のGT1030を剝いでの導入になります。

マシン構成

  • intel i3 9100(4C4T)
  • 8GBx2(16GB, dual channel)
  • 玄人志向 RTX 2060 super 
  • 500W電源(12Vが1レーンのみでぎりぎりまで取れる優秀な電源なので、GPUのランクを2080tiとかに上げられたかも)
  • Ubuntu 20.04 LTS

CPUが一見i3でポンコツに見えますが、4C4Tと一昔前のi5の性能と同等になりますしRTX 2060superにはちょうど良いくらいだと思います。サーバー向けのCPUに比べるとクロックが速いので、前処理でボトルネックになることはなさそうです。

なぜ購入したの?

このGPUの用途としては、

  • 本番用GPU鯖を前に、Dockerのイメージを試したいとか、GPUのお試しノードとしての鯖
  • 可視化のときにOpenGLで3Dしたいとき、Blenderとか使いたくなったら使えるようにする
  • サーバー管理の練習用

です。

これから本格的なGPUノードを導入する予定がありますが、導入までに時間がかかるので、前もってGPUを使えるようになるために導入しました。

今はグラフィックスを無効化してVRAMを最大限使えるように設定しています。(機械学習の時にグラフィックスで600MBくらい使われてしまい悲しい)

負荷テストについて

GPUを回してみたのですが、まぁ熱いこと。さらにサーマルスロットリングを起こして性能低下がありました。あれと思ったらスロットカバーをとり忘れ()。

GPUの2スロット分しっかりと確保して動かすとフルの性能が出ました。温度は室温25℃で83℃くらい(メーカによると61℃、搭載したケースも悪いかも)、ファンも92%くらいだったと思います。フルの性能は出てそうです。

GPUが下で光ってる

GPUが下で光ってる

あと結構うるさいです。また、ケースの下部が熱くなってたので、暑い部屋だとまたサーマルスロットリングを起こしそうです。

関連記事

PAGE TOP